モジュールテスト

この製品は、45V、100V、および150Vのシステムを提供し、チャンネルあたり60Aの能力があります。すべてのシステムは、より高い電流を達成するためのパラレル切り替えに対応しています。各チャンネルには、BMSインターフェース用のオンボードCANバス接続があり、補助測定器を接続して追加でセル毎の電圧および温度測定ができます。

SBT4560
45V 60A x16
SBT10060
100V 60A x16
SBT15060
150V 60A x16

SBT4560
バッテリー用高出力機器

SBT4560は16チャンネルバッテリーテスターで、HEV同等のバッテリーモジュールとパックのテストと評価に最適です。 当社の設備は、フォーメーションおよびランキングを含むラボまたは量産規模の両方の用途向けに設計されています。

マスターコントローラーにテストチャンネルを追加し、同じネットワークにテストシステムを追加することで、チャンネルを簡単に追加できます。

テストの準備は、LifeTest™アプリケーションを実行している既存のデスクトップPCでオフライン中に出来ます。エンドユーザーは、イベントテーブルに個別にサイクル手順を記入することにより、特定のテストを構成できます。 複雑なサイクルまたはHEVサイクルの場合、ソフトウェアは、フォーマット済のCSVファイルを介してイベントに直接インポートできます。

このシステムは、電流、電圧、電力、抵抗ベースの負荷をサポートし、最小パルス幅は1ミリ秒です。SBT4560システムは、充電モードと放電モード間の超高速切り替え機能を提供し、必要な精度を保証します。

すべてのチャンネルは独立しており、マイクロプロセッサで制御され、動荷重を備えているため、非常に高い精度、信頼性、および柔軟性を持った測定の実現が可能です。CANbusまたはSMbusインターフェースを使用して、設備はバッテリーモジュールまたはパックと通信して、個々のセルの電圧や温度などの追加データを取得できます。

パワーMOSFETは、中央の熱交換器に放出熱を排出する中央の液体冷却ヒートシンクに取り付けられています。 この熱交換器はラックに組み込まれいるか、または屋外にも設置できます。大規模な設置では、エネルギー回生も考慮することができます。

Primary Test Equipment
Primary Test Equipment

SBT10060
バッテリー用高出力機器

SBT10060は16チャンネルバッテリーテスターで、HEVおよび産業用バッテリーモジュールとパックのテストと評価に最適です。 当社の装置は、形成およびランキングを含む実験室および生産規模の両方の用途向けに設計されています。

SBT10060は16チャンネルバッテリーテスターで、HEVおよび産業用バッテリーモジュールとパックのテストと評価に最適です。 当社の装置は、形成およびランキングを含む実験室および生産規模の両方の用途向けに設計されています。

マスタコントローラにテストチャネルを追加し、同じネットワークにテストシステムを追加することで、チャネルの数を簡単に拡張できます。

テストの準備は、LifeTest™アプリケーションを実行している既存のデスクトップPC,オフラインで実行できます。 エンドユーザーは、イベントテーブルに個々のサイクルステップを記入することにより、特定のテストを構成できます。 複雑なサイクルまたはHEVサイクルの場合、ソフトウェアは、事前にフォーマットされたCSVファイルを介してイベントに直接インポートできます。

このシステムは、電流、電圧、電力、抵抗ベースの負荷をサポートし、最小パルス幅は1ミリ秒です。 SBT10060システムは、充電モードと放電モード間の超高速スイッチング機能を提供し、必要な精度を保証します。

すべてのチャネルは独立しており、マイクロプロセッサで制御され、非常に高い精度、信頼性、および柔軟性を得るために動的な電子負荷を備えています。 CANbusまたはSMbusインターフェースを使用して、ユニットはバッテリーモジュールまたはパックと通信して、個々のセルの電圧や温度などの追加データを取得できます。

パワーMOSFETは、中央の熱交換器に放出熱を排出する中央の液体冷却ヒートシンクに取り付けられています。 この熱交換器はラックに組み込まれているか、屋外に設置できます。 大規模な設置では、エネルギー回生も考慮することができます。

SBT15060
バッテリー用高出力機器

SBT15060は16チャンネルバッテリーテスターで、HEVおよび産業用バッテリーモジュールとパックのテストと評価に最適です。 当社の装置は、形成およびランキングを含む実験室および生産規模の両方の用途向けに設計されています。

マスタコントローラにテストチャネルを追加し、同じネットワークにテストシステムを追加することで、チャネルの数を簡単に拡張できます。

テストの準備は、LifeTest™アプリケーションを実行している既存のデスクトップPCでオフラインで実行できます。 エンドユーザーは、イベントテーブルに個々のサイクルステップを記入することにより、特定のテストを構成できます。 複雑なサイクルまたはHEVサイクルの場合、ソフトウェアは、事前にフォーマットされたCSVファイルを介してイベントに直接インポートできます。

このシステムは、電流、電圧、電力、抵抗ベースの負荷をサポートし、最小パルス幅は1ミリ秒です。 SBT15060システムは、充電モードと放電モード間の超高速スイッチング機能を提供し、必要な精度を保証します。

すべてのチャネルは独立しており、マイクロプロセッサで制御され、非常に高い精度、信頼性、および柔軟性を得るために動的な電子負荷を備えています。 CANbusまたはSMbusインターフェースを使用して、ユニットはバッテリーモジュールまたはパックと通信して、個々のセルの電圧や温度などの追加データを取得できます。

パワーMOSFETは、中央の熱交換器に放出熱を排出する中央の液体冷却ヒートシンクに取り付けられています。 この熱交換器はラックに組み込まれているか、屋外に設置できます。 大規模な設置では、エネルギー回生も考慮することができます。

Primary Test Equipment
Primary Test Equipment

補助入出力システム (AIO’s)

Product Description

高度なバッテリーおよびモジュールのテストには、SBTXX60で利用可能な通常のバッテリー電圧、電流、および温度測定基準以上のものが必要です。

補助入出力システム(AIOS)は、個々のセル温度や個々のセル電圧などの追加データを取得し、デジタル入力を読み取り、アナログおよびデジタル出力を制御します。これらのセンサーから受信したデータは、CAN通信を介してSBTXX60に送信されます。このデータは、テストプログラムでトリガーまたは終了条件として使用できます。

構成

各AIOSバックプレーンには、異なるI / Oモジュールを装備できる8つのスロットがあります。これらのI / Oモジュールはプラグイン可能で、AIOSの8つのスロットの1つに収まります。さまざまなAIOSバックプレーンは、デイジーチェーンを介してSBTXX60の内部CANbusに接続できます。 1つのSBTXX60で最大1000個の補助I / Oを制御できます。

Lifetest Softwareでは、SBTXX60の内部CANbusに接続すると、SBTXX60の各チャネルへのI / Oモジュールの柔軟なマッピングが可能になります。 AIOSは、個々のチャンネルのCANbusインターフェースに接続することもできます。モジュールのサンプリング時間は、1秒から100ミリ秒に増加します。可能な構成は、このドキュメントの裏面に記載されています。
さまざまなIO

Different IO’s

AIOSバックプレーンは、アナログ電圧入力、アナログ電圧出力、デジタル入力、デジタル出力、温度センサー入力の6種類のI / Oモジュールをサポートしています(サーミスタ用のRTDモジュールと熱電対用のTHCモジュール)。これらのモジュールの技術仕様は、このドキュメントの裏面に記載されています。

X